2010年05月25日

<ワニ料理>不登校直した家族旅行を店名に 愛知で開店へ(毎日新聞)

 昨年9月に自動車部品メーカーを定年退職した愛知県知立市西中町の信原真治さん(60)が、6月に刈谷市でワニ料理の専門店を開く。不登校の長男を立ち直らせたアフリカへの家族旅行を忘れない狙いもある。店の名前は「AFRICAN」(アフリカン)だ。【安間教雄】

 今は会社員の長男(32)は、小学4年生の時に不登校になった。両親が共働きで妹と2人だけの時間が多く、両親や社会への不信が原因らしかった。5年生になっても不登校が続いたため、88年の夏休みにケニア旅行に出かけた。言葉が通じない外国を訪れ、家族しか頼れない状態を体験させる狙いだった。信原さんが学生時代からアフリカのマコンデ彫刻にあこがれ、ケニア旅行を夢見ていたことから旅先に選んだ。

 7泊8日の旅行中、川に無数のワニがいるのを各地で見学。防護柵もない川の前で、猟銃を持つガードマンに守られて開かれたディナーショーはスリルに富み、ワニ料理の味も忘れられなかった。長男は5年生の2学期から登校を始めた。その後も家族のきずなを強めるため3年おきぐらいに訪れ、アフリカ旅行は計5回になった。

 ワニ料理店は自宅に近い刈谷市板倉町に6月6日にオープンする。アフリカ出身の料理人を雇い、南米から輸入したワニの肉を使い、日本人に合うようにくし焼きや焼き肉、カツ、カレー、おでん、サラダなどにして出す。各料理の値段は200〜3000円。店内には数十点のマコンデ彫刻も展示する。

 信原さんは「長男の立ち直りや家族の幸せはアフリカ旅行がきっかけ。息子は社会人になり、私も定年退職できたので、集大成と記念のつもりで開店する」と話す。

【関連ニュース】
上海万博:京都「六つ星」出店 日本産業館
「南極料理人」 堺雅人「料理人にはなれない」 生瀬勝久「食卓は舞台」
ルナ・レガーロ:既に完売 サーカスと料理の鉄人の融合 プレビュー公演紹介
サントリー酒類:プレミアム・モルツ、独で限定販売 「力強い味」と好評
辻静雄食文化賞:大阪・辻調理師専門学校で贈賞式

<一酸化炭素中毒>塗装会社社員が死亡 新日鉄君津で作業中(毎日新聞)
日病が新執行部披露パーティー(医療介護CBニュース)
青木幹雄氏の後継に長男…自民、世襲批判警戒(読売新聞)
自演乙が小比類巻に引導渡す…27日K―1MAX
赤松農相の不信任決議案、自民が提出へ(読売新聞)
posted by マツダイラ マサオ at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。