2010年04月22日

「徳之島案には党として反対」普天間移設で社民・重野幹事長(産経新聞)

 社民党の重野安正幹事長は22日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、政府が検討している鹿児島県・徳之島への移設について「地元が反対している限り、押し倒して無理やり持っていくという立場には社民党は立たない」と述べ、党として徳之島案に反対する意向を表明した。

 与党3党の党首級による基本政策閣僚委員会で徳之島案が議題になった場合、福島瑞穂党首が反対する可能性についても「そうでしょうね」と述べた。

【関連記事】
キャンベル米次官補が27、28日に来日 普天間問題を協議
志位氏がルース米大使と会談 共産党トップとして初 
鳩山首相、自ら「愚かな首相かも」発言 政府高官も困惑の表情
在沖縄米海兵隊「地政学的な位置が重要」
「首相は外交も下手だし、詰めも甘い」社民・阿部氏
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<事業仕分け>川端文科相が枝野刷新相に苦言(毎日新聞)
全国学力テスト始まる 3割抽出方式(産経新聞)
外国人?男性刺殺…短期契約者ら居住マンション(読売新聞)
堺男児死亡 逮捕の男、怖くなり逃げ出す 母親の元同僚、内縁関係(産経新聞)
家族ら弁護士に相談図る=父のカード取り上げ、借金膨らむ−逮捕の長男・5人殺傷(時事通信)
posted by マツダイラ マサオ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。